新幹線(金券ショップ購入)切符の使い方は?自由席購入は注意が必要!
スポンサーリンク

先日、名古屋から大阪に行く用事があり、新幹線の切符を買いました。

金券ショップで新幹線の切符を買ったのですが、

初めてのことづくしだったので、備忘録として、記事にしました。

 

今回大阪へ行くのにあたって、連休とかではなく、普通の日曜日でした。

 

時間帯は午後出発、帰りは、おそらく新大阪を22時ごろ出発となるので、

自由席で大丈夫だろうということで、自由席を選択。

 

どうせなら、少しでも安く買えたらとおもって、

金券ショップを使うことにしました。

スポンサーリンク

新幹線(自由席)金券ショップでいくら安くなる?

名古屋、新大阪間の新幹線(自由席)の通常料金は5830円

往復分必要なので、2倍の11660円必要ですよね。

 

オンラインの金券ショップでの購入も考えていましたが、

使う日まであまり、日数がなく、万が一のことも考えて、

名古屋にある金券ショップで買うことにしました。

 

色々調べていると、おおむね相場は往復9500円程度

通常価格と比べると、かなりお得に買うことができます。

 

しかし、お店に行ったのが出発日の四日ほど前、

すでの往復9500円のチケットは完売しているとのこと。

 

仕方なく、片道チケット5350円を往復分買うことにした。

これでも往復10700円なので960円はお得な計算になる。

これで、今回の大阪出張で支払うものはないなとおもっていた。

スポンサーリンク

金券ショップ(新幹線自由席)は注意が必要!!

ここで、自分が失敗したのは、自由席だったこと。

以前にも、名古屋から新大阪までいったことがあったけど、

その時はおそらく、指定席券を購入していた。

 

指定席券の場合は、乗車券が大阪市内、名古屋市内となっているため、

市内のJR路線内なら、どこでもおりることができる。

 

しかし、今回自由席の場合は、特急券は名古屋、新大阪間で、

乗車券が、名古屋⇒岐阜、岐阜⇒京都、京都⇒大阪という

3枚の乗車券だった。

 

金券ショップで扱っているのは、他者から買い取った回数券。

どうやら、後から調べてみると、東京⇒大阪間には、

自由席の回数券というものがなく、このように、各区間の回数券を

組み合わせて乗車券を作るようだ。

 

これに気づかず、まずは名古屋駅に向かおうと、意気揚々とJRの名古屋市内の駅から

乗車しようとしたら、なんといけないではないか!!

 

そう、乗車券が『名古屋⇒岐阜』となっているのに気が付かず、

市内のほかの駅から乗車すること不可で、結局追加で切符を買うことになったのだ。

 

このおかげで、結局行きも帰りも余分に200円ほど支払う羽目になり、

結局、新幹線で名古屋から大阪まで行くのに、11100円かかったことになる。

 

つまりは、安くなったのは、560円程度ということになる。

まぁ、たしかに500円ほど安く購入できたので、節約にはなったのだが、

 

今回、自分が住んでいる付近に、金券ショップがなかったので、

金券ショップまで出向いて買いに行く時間と手間を考えたら、

あまりお得とは言えなかった。

スポンサーリンク

新幹線(金券ショップ購入)切符の使い方は?

まず、指定席の場合は、特急券と乗車券の2枚が多いので、

この場合は、いつも通り改札の機械に通せばよいようです。

 

困ってしまうのが、乗車券が複数枚に渡るパターン。

 

正直、こんな切符初めて見たので、金券ショップで受け取ったとき、

これで乗れるの?って疑ってしまったが、金券ショップの店員さんが

丁寧に説明してくれた。

 

どうやら、特急券と乗車券で4枚は、自動改札を通せないので、

窓口で、駅員さんに渡してくださいとのこと。

 

実際に当日使ってみたが、とくに問題がなかった。

改札に通せるかどうか困ったら、改札にいる駅員さんに直接

渡してしまえば、切符を切ってくれるので、一番確実でしょう。

まとめ

結果として、金券ショップで新幹線のチケットを買えば、

まず、損するということはないようです。

 

ただ、今回の私のように、全く何も知らないと、

他で出費がでてしまい、実際は損してなくても

損したような気分になってしまいます。

 

本来なら、今回の場合予算1万円以内に収めたかったのですが、

まず、金券ショップの9500円チケットが購入できなかったのが

全ての失敗でした。

 

金券ショップを利用するにしても、新幹線のチケットを購入するなら

早めに購入したほうがよさそうですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事