日大広報部(アメフト反則タックル)言い訳が酷い。内田監督を擁護か?

アメフト日大対関西学院大学での、反則タックルがいまだに世間を騒がせています。

 

本日、事件の当事者である、宮川選手の会見があり、

反則タックルに至った経緯は、『監督の指示』だったとコメント

 

しかし、それを受けた、日大広報部のコメントは、

なんと次のようなコメントでした。

 

『QBをつぶせ』というのは事実だが、
『思い切って当たれ』という意味、
『誤解を招いたとすれば、言葉足らずだったと苦しく思う』

 

 

この日大広報部のコメント、全く納得できません。

これでは、すべての責任を宮川選手に押し付けているようなもの。

 

選手としては、監督の指示は絶対。

監督に逆らえば、自分の活躍の場は失われてしまう。

 

そんな心境で、宮川選手は意に反して、反則タックルをしてしまった。

 

しかし、いざ、蓋を開けてみれば、大学側は何も責任をとらないと、

全ての責任を宮川選手に取らせようとする態度。

 

これ、誰がどう見たって、監督の責任にあるにもかかわらず、

この仕打ちはあまりにもひどすぎます。

 

これが大学広報部の正式なコメントというなら、全く持って納得できませんね。

 

宮川選手は、今後、彼の人生の中で、今回の出来事が、大きな足かせになる可能性が

十分にあるににもかかわらず、自分の顔をメディアにさらけ出してまで、会見の場で

今回の事件の経緯を説明する。という言わば、彼なりの誠意を十分に見せたと思う。

 

しかし、大学側は責任を宮川選手の『解釈の違い』によるものとし、

しかも、事件の黒幕である、内田元監督は、ろくに謝罪や会見もすることもなく、雲隠れ。

 

宮川選手はアメフトユースチームの日本代表に選ばれるほどの、有望な選手だった。

しかし、今回の事件で、彼のアメフト選手としての選手生命は絶たれてしまったのだ。

 

スポンサーリンク

日大が内田監督を擁護?その理由は?

この一連の事件、日大のコメントを聞いても、なぜだか釈然としません。

 

あたかも、日大側が宮川選手よりも、内田元監督をかばっているようにしか見えないのです。

 

それは、内田元監督が日大の人事担当常務理事というポジションにあったからではないでしょうか?

そう、この人が人事に関する決定権を持っているのです。

 

相手をつぶせというような指示を平気でだすような監督ですから、

もし、内田元監督に物申すものがいようものならば、最悪、自分の首が飛びかねない

ということを、日大の職員は危惧していたのかもしれません。

 

そうなれば、職員としても非常にマズイですよね。

そういうわけで、見えない圧力もあり、実質、内田元監督に対し、

発言を許されるというような、雰囲気でもなかったと・・・

 

日大側が内田監督を擁護するような姿勢が垣間見えるのも納得です。

スポンサーリンク

まとめ

今回、宮川選手が会見という場に、でてきたのは、すごく誠意を感じられました。

 

しかし、日大側や内田元監督の対応ときたら、とにかくひどすぎます。

 

運動部の監督ならば、はやいとこ、しっかりとした、会見や謝罪をし、

きちんと誠意を見せてほしいですね。

 

スポンサーリンク
スポーツの関連記事
  • 大迫半端ないtシャツの在庫は?通販で購入可能?値段も気になる!
  • 長友(金髪)がキャンチョメ?金髪にした理由とキャンチョメ画像の比較
  • 大迫半端ないっての意味は?元ネタが気になる!
  • 日大広報部(アメフト反則タックル)言い訳が酷い。内田監督を擁護か?
  • 悪質タックル(日大)の選手(背番号91)は誰?なぜタックルをした?
  • ルーニーDCユナイデッド移籍理由はエバートン監督との不仲?
おすすめの記事