ウェルシュ菌(ハワイアンズ食中毒原因菌)の症状と食中毒の対策は?

福島のスパリゾートハワイアンズのレストランで115人ものお客さんが、食中毒症状をおこしただとか。

 

食中毒といえば、まっさきに思いつくのが、O-157病原性大腸菌

しかし、今回の食中毒事件の原因菌はウェルシュ菌という菌だそうです。

 

ウェルシュ菌という名前、私は初めて聞きましたが名前だけ聞くと、

なんだか、それほど悪い菌ではないように聞こえます。

 

しかし、このウェルシュ菌食中毒を起こす、菌なので注意が必要です。

 

では、このウェルシュ菌どのような症状を引き起こすのでしょうか?

また、対策はあるのでしょうか?気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

ウェルシュ菌ってどういう菌?症状は?

ウェルシュ菌って何?

ウェルシュ菌は自然界に幅広く存在している、細菌です。

主に、牛や鶏、魚などが保菌していることが多いようです。

 

なるほど、牛などが保菌しているというところはO-157などの菌と同じようですね。

 

特に、カレーやシチューなどの煮込み料理が原因で食中毒になることが

多く、これらを料理するときは注意が必要のようです。

 

ウェルシュ菌は空気に弱い細菌ですが、カレーやシチューなどの粘土が

高い料理の中では、繁殖しやすいやすいようです。

 

特に、レストランで使われるような、寸胴で調理された場合、

寸胴の底面付近はかき混ぜてもほとんど、空気に触れることが少ないので、

より、増殖しやすい環境となっているようです。

ウェルシュ菌による症状は?

ウェルシュ菌にかかると潜伏期間約6時間~18時間を経て症状が現れます。

 

症状は、水溶性の下痢や軽い腹痛といった症状。

O-157病原性大腸菌のように、重篤な症状になるということは少ないようです。

 

ただ、菌の特徴として、芽胞というものを形成し、耐熱性を持つ菌でもあるので、

芽胞を一度作ってしまうと、通常の加熱では死滅しないため、食中毒菌としては

注意していないと、かかりやすい菌ということが言えます。

スポンサーリンク

ウェルシュ菌食中毒の対策は?

これはウェルシュ菌だけでなく、他の食中毒原因菌にもいえることですが、

とにかく、細菌による食中毒を防ぐためには、

 

  • 食中毒菌をつけないこと
  • 食中毒菌を増殖させないこと

 

が必要になってきます。

 

特に、調理時に生肉や卵などを扱うときは、必ず手を洗うように心がけましょう。

 

また、ウェルシュ菌は一度、芽胞を作ってしまうと、少し加熱したくらいでは、

死滅しないので、調理後は、容器に小分けにして、すぐに冷蔵保存するなどして

菌を増殖させないということが必要になってきます。

 

特に、家庭でのカレー料理なんかは、2日目がおいしいなんて言われていますが、

鍋に入れたまま、常温保存をすると、衛生上よろしくないので、

必ず、保存するときはタッパーなどに小分けにして、冷蔵保存するようにしたほうが

よいようです。

 

調理してから、時間がたったものを食べるときは、十分に加熱し(およそ75度で1分以上が目安)

ウェルシュ菌を死滅させるために、かき混ぜて鍋底に十分に空気を送るといいみたいです。

 

まとめ

ウェルシュ菌の症状や対策法についてまとめました。

 

ごくごく一般的に存在する菌ということで、これから夏にかけて、

食中毒が多い時期になってきますので、家庭での調理時にも注意が必要そうです。

 

とにかく、調理時には手洗いを十分する。

料理が残った場合は、すぐに冷蔵保存する。

食べるときは、十分に加熱するということを守っていれば、

食中毒に合う確率もかなり減らせるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
健康の関連記事
  • ウェルシュ菌(ハワイアンズ食中毒原因菌)の症状と食中毒の対策は?
  • 歯の黄ばみとステイン(着色汚れ)の原因は?歯の黄ばみが気になる
  • タカトシのタカが痩せた理由はライザップ?ダイエットの方法は?
  • ファミマのバターコーヒーが腹持ちがいいと評判!置き換えダイエットにも
おすすめの記事