ルーニーDCユナイデッド移籍理由はエバートン監督との不仲?
スポンサーリンク

エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(32)は、

移籍金、約18億4000万円でアメリカのMLSのDCユナイテッドへの移籍

することにほぼ、合意しているということが明らかになった。

 

ルーニーは昨年、マンチェスターユナイテッドから、エバートンに戻ってきたばかりなのにもかかわらず、

わずか1年ばかりで、またクラブを移籍することに。

 

今シーズンは31試合中11ゴール1アシストという、活躍をしているのにだ。

 

決して、戦績が悪いわけでもないのに、たった1年でクラブを離れるとは、

やはりクラブとの間に何かあったのでしょうか?

スポンサーリンク

ルーニー移籍理由はエバートン監督との不仲か?

エバートンの現監督はアラダイス氏

 

このアラダイス氏との間に何か、あったのでしょうか?

ただ、今のところ、そういった話は出ていないので、監督との不仲説は

まず、考えられないでしょう?

 

また、世界で活躍する一流選手なので、監督との不仲が原因で移籍をするというのも

ちょっと考えづらいです。

スポンサーリンク

理由はクラブの成績不振によるものか?

今回の移籍理由はどうやら、エバートンの成績不振ということが影響しているようです。

 

エバートンのクラブオーナーは、成績が振るわないことから、

監督や選手の大幅な入れ替えを今季終了後に検討しているとのこと。

 

エバートンのオーナーは、ルーニーはチーム内で成績を残しているが、

ルーニーからの希望があれば、チームからの離脱を検討してもよいという意向を示していた。

 

現監督のアラダイス氏の前のクーマン監督はこの成績不振という理由により解任されています。

 

ルーニー自体も今期チーム最多の11得点を挙げているにも関わらず、

移籍の意向を示したのは、今のエバートンにいても、リーグ優勝は難しいという

判断もあったのではないかと思います。

 

チームをリーグ優勝に導くために、昨年エバートンに移籍してきたが、

自分は、チーム内で活躍しているにもかかわらず、こうもチームの成績が振るわなければ、

その目標を達成することも難しいと考えたのではないでしょうか?

 

そこで、自分の活躍を広めるため、今回アメリカのDCユナイテッドへの

移籍を考えたのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

まとめ

厳しいプロサッカーの世界

 

ましてや、世界的な選手なので、結果が全てということは言うまでもありません。

 

ルーニー選手はアメリカの地へ渡っても、十分活躍できると思いますので、

ぜひ、アメリカでの素晴らしい活躍を期待しています。

スポンサーリンク
おすすめの記事