生卵の賞味期限はいつまで?保存方法と保存するときの向きは?

卵かけごはんで食べると非常においしい生卵。

 

朝急いでいるときなんかでも、サッと作れて、かき込んで食べれるので、

これぞ、まさに究極のファーストフードと個人的に思っています。

 

ただ、生卵だけに、やっぱり食中毒とかが気になるときもあります。

そこで今回は、生卵の賞味期限と正しい保存方法について調べてみました。

スポンサーリンク

生卵の賞味期限は?パックに表記のある賞味期限まで?

スーパーで売っている卵の賞味期限は『生食で食べられる期限』を

表記してあるので、卵の賞味期限は、パックに表記のある賞味期限そのものです。

 

そもそも、賞味期限の定義は『おいしく食べられる期限』なので、

多少、過ぎていても問題なく食べることができます。

 

ただ、生で食べる場合は、食中毒などを起こさないように、出来るだけ、

賞味期限内で食べたほうがよさそうです。

 

日本卵協会によると、卵の賞味期限は

  • 夏期(7~9月)が産卵後16日以内、
  • 春秋期(4~6月、10~11月)が産卵後25日以内、
  • 冬季(12~3月)が産卵後57日以内

 

とされています。一般的にスーパーで売っている卵の賞味期限は、

おおむね2週間程度と定めているところが多いようです。

スポンサーリンク

卵の保存方法は?保存するときの向きは関係ある?

卵の保存方法ですが、おおむね10℃以下で保存することで、

サルモネラ菌などの増殖を抑制できるようなので、一般家庭であれば

冷蔵庫で保存することが好ましいです。

 

卵を冷蔵庫で保存するときの向きですが、売っているときのように、

卵のとがったほうを上にして、保存していることが多いのではないでしょうか?

 

しかし、実は、正しい保存方法としては、この丸みを帯びたほうを上にして

保存するほうがより好ましいとされています。

 

その理由の1つとして、まず、尖った部分より、丸みを帯びた部分のほうが、

殻の強度的に弱いため、尖ったほうを下にしたほうが安全に保存できる点があります。

 

もう一つの理由は、殻の丸みを帯びたほうから呼吸をしているため、こちら側を下にすると

黄身の部分が重力の関係で下にくるため、黄身が空気に触れやすくなり、

最近に汚染されやすくなるためです。

 

そのため、卵を保存するときは、尖ったほうを下にして保存したほうが良いのです。

 

また、卵を冷蔵庫に入れるときですが、ちょうどいい感じに冷蔵庫の卵ポケットがあるので、

パックから出して、卵ポケットに入れてしまいがちですが、実は、パックのまま保存したほうが

衛生面的によいとされています。

 

日本では、卵は出荷される前に十分殺菌されていますが、万が一汚染されていた場合、

パックから出してしまうと、冷蔵庫内のほかの食品に菌が付着する可能性が出てくるからです。

 

あと、食べるときも水洗いなどすると、卵内に菌が浸透する可能性もあるため、

卵は洗わずにそのまま調理したほうがいいとされています。

まとめ

生卵の賞味期限と保存方法について、調べました。

 

上記の保存方法をするだけで、卵を新鮮に保つことができますので、

知らなかった人は、今度から試してみるといいかもしれません。

 

ちなみに、卵かけご飯ですが、しょうゆで食べるというオーソドックスな方法も

中々、おいしいですが、スーパーなどで売っている、『白だし』や『めんつゆ』

なんかで食べるのも、だしの味が効いて、なかなか美味しいので、

試してみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク
の関連記事
  • 花畑牧場アイス(ローソン限定)はおいしい?カロリーも気になる!
  • 目黒高級焼き鳥店(土屋太鳳デート)の場所はどこ?芸能人御用達のお店とは?
  • パンガシウスはまずい?うなぎの蒲焼きの代わりになるのか?
  • コカコーラクリアの味は美味しい?まずい?カフェインや成分は?
  • 生卵の賞味期限はいつまで?保存方法と保存するときの向きは?
  • 生ういろう(山口)とういろう(名古屋)の違いは?賞味期限はいつまで?
おすすめの記事