仮想通貨の発掘ってどういう意味?マイニングの仕組みをわかりやすく!

仮想通貨の発掘(通称マイニング)という言葉を最近良くニュースなどで
聞くようになりましたね。

だけど、仮想通貨を発掘するって全くもって意味が分かりませんよね。

私も、仮想通貨に詳しくはないのですが、
そもそも仮想通貨って、その名の通りコンピューター上に存在する通貨で
あって、実在するものではないですよね。

だから、金のように発掘といってもイマイチ、ピンとこないのです。

そこで仮想通貨の発掘について気になるを調べてみました。

スポンサーリンク

仮想通貨の発掘ってどういう意味なの?

仮想通貨の発掘とは、新たに仮想通貨を発行することをいうようです。

現実世界でとらえると、造幣局が新たにお金を発行するようなことを指しているといった感じでしょうか?

まだ、世の中に存在していない仮想通貨を発行することが、金脈を見つけるような行為に似ているためから、
発掘といわれているみたいです。

なるほどねぇ、新規に仮想通貨を発行することを
俗に仮想通貨の発掘っていっているんですね。

でも発掘ってどうやって発掘するのでしょうか?

スポンサーリンク

仮想通貨の発掘は一体どうやってやるの?

仮想通貨を新たに発行するには、膨大な処理計算能力を
持ったコンピュータのほかに、それを動かす電力も
必要になってきます。

そのため、現状個人の力で仮想通貨の発掘作業を行うのは、
不可能です。

そのため、仮想通貨では取引データを『ブロック』という
塊にし、そのブロックをチェーンのようにつなげて
連続して記録しています。

このブロックにつなげることを通称マイニング(発掘)といって
います。

ビットコインでいえば、このブロックにつなげるために
高度な計算処理をしなければならないのですが、
ブロックにつなげるための計算の答えを一番初めに
算出した人がその報酬として、12.5ビットコインを
受け取れるような仕組みになっているそうです。

この報酬を得るために、発掘という作業をするわけですね。
今時点、1ビットコインあたりの価格は日本円で約80万円

つまり新しいビットコインを発行すると報酬として約1000万円
近い金額がもらえるということでしょうか?

ただ、やはり1台の個人のコンピュータでは処理能力が
間に合わないので、世界中の有志のコンピュータを使って
計算に必要な処理を行っているようです。

なので、上で試算したような一人が1000万円の報酬を得る
というようなことは、現実的には不可能なようです。

また、実際に発掘作業をやってみた方の意見によると、
電気代のほうが上回ってしまい赤字といったような意見も
見られます。

発掘作業にもやり方が色々あるようなので、一概には言えませんが、

とにかく、個人でやっても得られる報酬は数十円とかで、あまり旨味はなさそうです。

 

今回、仮想通貨の発掘をテーマに掲げましたが、中々、難しい概念でしたね。

仮想通貨に関しては、まだまだ、勉強が必要そうです。

スポンサーリンク
経済の関連記事
  • 仮想通貨の発掘ってどういう意味?マイニングの仕組みをわかりやすく!
おすすめの記事