エキノコックスが愛知(知多)で拡大!?人への感染経路と予防・治療法は存在する?

愛知県の知多半島でエキノコックスに感染した野犬が複数見つかったというニュースがありました。

エキノコックスっていうと、北海道のキタキツネから感染するという情報を昔ニュースで見たことがあります。

 

まさか、私の地元付近の知多半島で見つかるなんて、思ってもいませんでした。

 

しかも複数頭から、エキノコックスが検出されたとかいうので、地元民としてはちょっと怖いですね。

というか、いままで知多半島に何度も言ったことあるけど、『そんなたくさん野犬なんていたっけ?』って思っちゃいました。知多で野犬なんてあんまり見たことがないけど・・・。

 

とはいえ、地元のニュースということで、これは放っておけないと思い、エキノコックスという寄生虫について調べてみました。

スポンサーリンク

エキノコックス人への感染経路は?感染するとどうなる?

確か、昔、北海道でエキノコックスが流行ったころ、旅行など行ったときにキタキツネをみても、むやみに
触らないでくださいといったニュースを見た記憶があります。

 

そもそも、エキノコックスって触るだけで人へ感染するほど、強い寄生虫なのでしょうか?

 

もし、そうだとしたらかなり危険な寄生虫ですよね?

 

エキノコックスは元々、野ネズミが持っている寄生虫で、食物連鎖の中で、キツネや犬といった動物に感染するようです。

といっても、我々人間はキツネや犬を食べませんよね?

どこから感染するかというと、野生の動物が持っているエキノコックスの卵が山菜に付着していたり、山で生水を飲んだ時に口から入るといった経口感染が多いそうです。

 

北海道では年間で10人くらい感染者が出ているみたいです。

スポンサーリンク

エキノコックスを予防する方法はある?

エキノコックスに感染しないために、注意しなければならないのは、とにかく、そのような危険のある野生動物などに、不用意に触れないことが一番の感染予防のようです。

北海道でしきりにキタキツネを見かけても、触らないでと注意を呼び掛けているのは、エキノコックスに感染している、キツネを触ったときに、卵が手に付着したまま、飲食をしたりしたら、かなりの確率で感染してしまうからといったことからでしょう。

 

特に、今回、エキノコックスが検出されたと報告のあった知多半島にお住まいの方で、屋外で犬を飼っている家庭はちょっと注意が必要かもしれませんね。

 

エキノコックスの症状は?検査と治療法はある?

エキノコックスが人間に感染すると、幼虫が肝臓に寄生します。

 

そして約10年の潜伏期間を経ると、肝機能障害をおこしたり、脳や肺に転移してしまうと命にかかわることもあるようです。

 

まさに、忘れたころにやってくるという怖い感染症ですね。しかも、そんな長い潜伏期間ならば、医者に行っても
思い当たることがなさそうで、原因解明にも時間が掛かりそうです。

 

エキノコックスの検査は、血液検査でわかるようです。

 

治療法については、感染箇所を外科手術により切除するといった方法しか今のところないようです。しかも進行具合により切除が困難となる場合もあるようです。

 

薬で何とかなるかと思いきや、切除手術をしなければならないなんて、かなり厄介な寄生虫です。

 

とにかく、感染しないためにも、まず野生動物には手に触れない、また、飼い犬なんかでも触ったらきちんと手を洗うということが大切そうですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事