ぷよぷよが認定がeスポーツに認定!eスポーツって一体何のこと?

ゲームソフト『ぷよぷよ』がプロライセンスが発行される、

eスポーツに認定され、4月には優勝賞金100万円の大会が

行われるということで、ネット上を騒がしています。

 

このニュース管理人は、eスポーツってまず、何なの?

え、ゲームって家で楽しむものじゃないの?プロって

どういう活動してるの?また、それで食っていけるの?

 

などなど、たくさんの気になることがあるので、

今回はそこについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

eスポーツって何のこと、一体いつできたのか?

まず、この聞きなれないeスポーツって言葉ですが、

調べてみると『エレクトロニック・スポーツ』の略称で、

対戦型ゲームを使い、競い合うことをスポーツ競技として、

捉えたことを『eスポーツ』と呼んでいるらしいです。

 

なるほど、electoronic・sportsで『eスポーツ』というわけですね。

どうやら、スポーツといっても単に、対戦型のスポーツのゲームのこと

だけを指すのではなく、ゲームを通じて、相手と競い合うことを

スポーツとして、捉えているみたいですね。

 

そのルーツをたどっていくと、1980年代のファミコンブームで

各地で、ゲーム大会が始まったのがルーツとなっており、

この『eスポーツ』という名称は2000年代に入ってから使われている

みたいです。

 

この『eスポーツ』ですが、一般社団法人JeSPAという団体が

日本では、取りまとめているようです。このJeSPA自体は2015年に

発足された団体で、比較的新しい団体といえます。

 

そんな、団体があるなんて、ほとんどの方が初耳なのではないでしょうか?

管理人自身も今まで、全く存在を知りませんでした。

 

種目自体は以下のような8種目があるみたいです。

 

  • FPS部門(シューティングゲーム)
  • MOBA部門(マルチオンライン)
  • RTS部門(戦略ゲーム)
  • 格闘ゲーム部門
  • スポーツ部門
  • モバイル部門
  • パズル部門
  • オンラインカード部門

 

ゲームによる競技を推奨しているってどうせ、お遊び的な団体でしょっ?って

管理人は思っていましたが、調べてみると、そうでもなさそうです。

 

ちなみに以下が役員に就任されている方たちです。

JeSPA役員名簿
  • 会長 西村 康稔(衆議院議員)
  • 理事 中村 伊知哉(慶應義塾大学 教授)
  • 理事 馬場 章(元東京大学大学院 教授)
  • 理事 浜村 弘一(Gzブレイン 代表取締役社長)
  • 理事 平方 彰(スポーツビジネス・コンサルタント)
  • 理事 丸山 茂雄(株式会社 トゥー・フォー・セブン 取締役)
  • 理事 宮澤 栄一(株式会社 ハーツユナイテッドグループ 取締役会長)
  • 理事 尾崎 健介(株式会社 サードウェーブ 代表取締役社長)

出典:JeSPA協会概要

衆議院議員の方が、会長をやっているのにはちょっと驚きでしたね。

 

団体としては、従来のただのゲーマーからの脱却を目指し、

アスリートゲーマーの誕生、育成、発展に力を入れているみたいです。

 

アスリートゲーマーってゲームやってるだけで、

生活していけるのでしょうか?もし、そうであれば、

ゲーム好きにはたまらないでしょうし、

ユーチューバーに次ぐ次世代の職業なんかにもなりそうですね。

 

スポンサーリンク

プロゲーマーってどうやってなる?年収はどれくらい?

はたから見たら、遊びのような職業。プロのゲーマーということで、

やっぱり、収入や、それでやっていけるの?ってとこが気になりますよね。

 

まず、プロゲーマーですが、一応これはライセンスをとらないと

プロを名乗れないみたいです。

 

ライセンス取得には、eスポーツ連合の公認タイトルで

優秀な成績を収めることが必須のようです。

 

公認のタイトルとしては、以下のようなものがあるみたいです。

プロライセンス公認タイトル
  • ウイニングイレブン 2018
  • コール オブ デューティ ワールドウォー II
  • ストリートファイターV アーケードエディション
  • 鉄拳7
  • パズル&ドラゴンズ
  • モンスターストライク

 

なお、ライセンス更新料は5000円で2年更新のようです。

優秀な成績っていうのが、ちょっと曖昧ですね。

この辺の基準をもっと明確にしないと、いけないような気がします。

 

さて、気になるプロゲーマーの年収ですが、

収入は主に、スポンサー契約料と大会の賞金がメインになってきます。

 

大会によっては、優勝賞金が10億円とかの大会もあるので、

非常に夢のある職業といえば、そうかもしれません。

 

ちなみに、日本のプロゲーマーの賞金獲得ランク

以下のようです。

1位:Daigo 2020万円

2位:かずのこ 2000万円

3位:ももち 1270万円

4位:ふ~ど 1140万円

5位:ときど 1100万円

 

賞金ランクでみると、1000万クラス越えもいますが、

他のプロ競技の選手と比べるとそこまで、高くはないといえます。

 

とはいえ、大会での獲得賞金が年収に大きくかかわってくる

ので、大きなタイトルさえ取れれば、億万長者も夢ではありません

 

まだまだ、日本では、認知度の低い職業ではありますが、

海外では、プロゲーマーは職業として、普及しているようです。

 

ただ、日本はゲーム=教育に悪いものと少なからず、考えている

人も多いので、発展にはまだまだ時間がかかりそうだと管理人は

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
ゲームの関連記事
  • 猫が飼えない代わりにねこあつめVRがかわいいと評判!!
  • ぷよぷよが認定がeスポーツに認定!eスポーツって一体何のこと?
おすすめの記事